現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:ピットイン&アウト時のタイムロス防止のため、ひと工夫されたピットボックス

ここから本文です
スポーツ 2019.10.31

F1 Topic:ピットイン&アウト時のタイムロス防止のため、ひと工夫されたピットボックス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メキシコGPのセッション中にピットレーンを歩いていたら、ピットボックスを示す線がチームによって角度が異なっていることに気がついた。ピットボックスとは、F1マシンがピットストップする際の停止場所で、自チームのピットガレージ前に白線または黄色い線で示されている。

 通常であれば、ピットレーンと平行に設置されるのだが、チームによっては斜めに線を引いているところがあった。

    F1 Topic:ハミルトンのメキシコGP逆転優勝を陰で支えた代役レースエンジニア

 この線はメカニックが木曜日に引く。そこで、角度をつけてピットボックスを設置しているチームのメカニックに、尋ねてみた。

「これは、オフセット・ピットボックスと言うんだ。ピットレーンに対してノーズ側を少しガレージ側に角度をつけて設置することで、ドライバーはピットレーンから直線的にピットボックスに入ることができる。ほんの少しかもしれないけど、ここでコンマ数秒稼ぐことができるんだ」(某メカニック)

 この角度には、ピットイン時だけでなく、タイヤ交換を終えてピットアウトする時にも役に立つと言う。

「ホイールスピンをしてピットアウトするとき、ドライバーはカウンターをあてるから、角度がついているほうが、ピットレーンにうまく合流しやすいんだ」(某メカニック)

 ところが、レッドブルの隣のフェラーリとメルセデスは、オフセット・ピットボックスではなく、ピットレーンと平行にピットボックスを設置している。

「それは、メルセデスはいつもピットレーンの入口側の端にあるから、他チームのピットに邪魔されることなく、ピットレーン入口から直線的なラインでピットストップできる。フェラーリに関しては、本当の理由はわからないが、メキシコのピットレーンが広いので、角度をつけなくてもいいと判断したからじゃないかな」(某メカニック)

 ちなみに、メキシコGPでオフセット・ピットボックスにしていたチームは、レッドブル、ルノー、マクラーレン、アルファロメオ、ウイリアムズの5チームで、通常ピットボックスはメルセデス、フェラーリ、ハース、レーシング・ポイント、トロロッソの5チームと、ちょうど半々だった。

  果たして、アメリカGPが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカでは、どうなっているのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します