現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダと日立が子会社4社を統合へ。日立オートモティブシステムズが吸収合併存続会社に

ここから本文です
スポーツ 2019.10.30

ホンダと日立が子会社4社を統合へ。日立オートモティブシステムズが吸収合併存続会社に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と本田技研工業、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の6社は、10月30日付けで日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社の経営統合に関する告知を行った。最終的に日立オートモティブシステムズが吸収合併存続会社となる。

 この経営統合は現在、自動車・二輪車業界での“100年に一度の大変革時代”に直面し、競争が激化するなかで、サプライヤーにおいても製品の枠組みを超え、ソフトウェアを組み合わせた包括的なソリューションの提供が求められていることから、日立、ホンダの子会社である4社が吸収合併するというもの。吸収合併後の存続会社は、連結売上収益1.7兆円規模となる自動車・二輪車のシステムにおけるグローバルメガサプライヤーとなる。

    ジェンソン・バトン、2019年限りでのスーパーGT活動終了を表明「もてぎが最後のレースになる」

 統合に参加する4社は、日立オートモティブシステムズがパワートレイン、シャシーシステム、安全システムをコア事業とする一方、ケーヒンはパワートレイン、ショーワはサスペンションおよびステアリング、さらに日信工業はブレーキシステムに強みをもつ。これらの強みを組み合わせることで、競争力のある技術・ソリューションを確立することが狙いだ。

 今後、本田技研がケーヒン、ショーワ、日信工業の株式を取得し完全子会社化。最終的に日立オートモティブシステムズの株式をもつ日立製作所が66.6%、本田技研が33.4%を取得する統合会社が誕生する予定だ。吸収合併存続会社は日立オートモティブシステムズとなる。

 統合会社のブランドは、『日立/Hitachi/HITACHI』をコーポレートブランドとする予定だが、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の各製品のブランドについては、統合会社の企業価値最大化の観点から当面継続して使用されるという。

 今回統合される予定の4社は、日立オートモティブシステムズは鈴鹿サーキットのシケイン、そしてケーヒン、ショーワ、日信工業はモータースポーツの世界では二輪、四輪問わず欠かせないブランドと言える。今後、国内モータースポーツにも影響がある経営統合になるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します