現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストラリアGP:ロッシ、序盤のトップ走行で「400戦目のレースをお祝いできた」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

MotoGPオーストラリアGP:ロッシ、序盤のトップ走行で「400戦目のレースをお祝いできた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)にとって、MotoGP第17戦オーストラリアGPはロードレース世界選手権で通算400戦目のレースとなった。節目のレースで、ロッシは序盤にレースをリードする姿を見せた。

 オーストラリアGPを4番手からスタートしたロッシは、1コーナーにアウト側から入って見事なホールショット決めた。さらにそこから4周目までトップをキープ。400戦目の節目のレースをリードした。

    MotoGPオーストラリアGP:2位獲得のクラッチローが乗り越えた転倒の悪夢「一時は戻れないかもしれないと思った」

 4周目にはカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)やアンドレア・イアンノーネ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)などに交わされて後退したロッシ。以降は4番手争いを展開して、8位でチェッカーを受けた。

「すばらしいスタートを切って、400戦目のレースをお祝いできてよかったよ。少しの間だったけれど、トップで走ることができた。最終的な結果は、すばらしいものではなかったけれど、3位表彰台を獲得したジャック・ミラーからはそう離れていなかった]

ロッシは10番手走行中の残り5周目で転倒し、リタイアを喫した日本GPと比べて「よく走れたと思うし、競争力もあったよ」とも言う。オーストラリアGPの中盤以降は、ミラーやフランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)、イアンノーネ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)などと混戦のポジション争いを展開した。その集団のトップが、表彰台を獲得したミラーだ。

 一方で、チームディレクターのマッシモ・メレガリがロッシがトップを守るペースが維持できなかった理由について明かしている。

「バレは力強いスタートを切りましたが、27周すべてでレースをリードするペースを維持できませんでした。タイヤのグリップが低下し、トップスピード差によって、ポジションを守ることが厳しかったのです」

「さらに強くならないといけないね。改善の必要がある。フィリップアイランドのレースはいつもすばらしいんだけど、終盤は厳しい戦いだったよ」と語るロッシ。400戦目のレースは、悲喜こもごもの戦いとなったようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します