現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストラリアGP:2位獲得のクラッチローが乗り越えた転倒の悪夢「一時は戻れないかもしれないと思った」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.29

MotoGPオーストラリアGP:2位獲得のクラッチローが乗り越えた転倒の悪夢「一時は戻れないかもしれないと思った」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)がMotoGP第17戦オーストラリアGPで、2位表彰台を獲得した。クラッチローにとって、この表彰台は特別なものになったようだ。というのも、ちょうど1年前、クラッチローはこのオーストラリアGPで大きなクラッシュを喫したからだ。

 クラッチローはレース序盤から上位につけると、4周目にはトップに浮上。、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)に交わされるまでトップを走行した。ビニャーレス、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)にパスされたあとは単独3番手の走行となったが、ビニャーレスの転倒により2位フィニッシュを果たした。

    MotoGPオーストラリアGP:ビニャーレスが最終ラップの勘所と見た10コーナー。「リヤのロック」で決した勝敗

「金曜日のフリー走行の結果にかかわらず、今日は表彰台を獲得できるペースがあると思っていた。マルクやマーベリックについていくグリップはなかったから、大きな差が開いてしまった。でも、自分のペースには満足しているよ」

 フィリップアイランドは、クラッチローが2018年に大クラッシュを喫したサーキットだ。そのクラッシュが起きたのは、2018年のオーストラリアGPフリー走行2回目のことだった。1コーナーで激しい転倒を喫したクラッチローは、右足首を骨折。メルボルン市内の病院に搬送されて手術を受けた。クラッチローは2018年シーズンのオーストラリアGP以降3戦を欠場し、オフシーズンもリハビリに取り組んだ。

 このときの怪我は、クラッチローのレーシングライダーとしてのキャリアを危うくさせるほどのものだったという。それだけに、よろこびとともに感じ入るものがある。

「本当に、本当にオーストラリアGPで表彰台を獲得できてうれしい。昨年のクラッシュがあってから、一時は戻れないかもしれないとも考えたんだ」

 2019年のオーストラリアGPで2位表彰台を獲得したクラッチローはそう語った。そして、決勝レース後のプレスカンファレンスでは、今季は2018年オーストラリアGPの転倒にとらわれていた、とも明かしている。2018年の悪夢を、クラッチローは2位表彰台獲得という形で振り払った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します