現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ488 GT3に2度目のアップデートモデル”ダブルエボ”登場。空力刷新で2020年供給開始

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

フェラーリ488 GT3に2度目のアップデートモデル”ダブルエボ”登場。空力刷新で2020年供給開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中のモータースポーツで使用されているGT3規定車両のひとつ、『フェラーリ488 GT3』に、過去3年間で2度目の“エボ・パッケージ”となる2020年モデルが登場。2020年シーズンに向けカスタマーへのデリバリーを開始するとアナウンスした。

 10月26日にイタリア・ムジェロで開催されたフェラーリ・ワールド・ファイナル(フィナーリ・モンディアル)の会場でアンベイルされた2020年型“ダブルEVO”は、2016年デビューの第一世代、2018年登場の第二世代に続き、すべてのチームからのフィードバックを投入した「革新的なコンセプト」を採用するモデルと謳われる。

    スーパーGT最終戦、現行規定最後の王座は誰の手に!? 2020年新型GT500初デモランなどトピックス満載のツインリンクもてぎ戦

 GT3とGTE規定の双方に488ベースの車両を用意するフェラーリは、そのホモロゲーションサイクルの最終年となる2018年に、両規定ともに初のエボリューション・キットを投入。FIAの規定により、マニュファクチャラーは3年間のホモロゲーション期間のうち1回だけ、アップデート・パッケージの申請が許可されているため、これでフェラーリの完全ブランニューGT3モデルは2022年まで登場しないことになる。

 フェラーリは、この『488 GT3 EVO2』に対し、エアロ&ビークルダイナミクス、人間工学、安全性、そして信頼性の各分野で性能向上を図ったとしており、カスタマーに向け新車、またはアップグレードキットの双方で供給を行う。

 エクステリアでの最大の識別点となる小型フロントバンパーは「2020年型EVOに導入されたキーエレメントのひとつ」とされ、その形状決定には風洞試験に加えて、1万8000時間以上の計算とCFDシミュレーションが実施された。

 こうして修正されたノーズデザインにより、さらに多くのダウンフォースを生成するコーナーフリックを導入することが可能になった。

 エアロ分野の開発は車両の全領域に及び、リヤウイング近くにはさらに大きなアウトレット・ベントが設けられ、左右ドアはフロントフェンダーアウトレットの効率に配慮し、先細りのテーパー状となる処理が施された。

 そして耐久性能を主眼に置く『488 GTE EVO』とのプラットフォーム間コンバージョンをさらに容易にすべく、ホイールベースを共通とし、ジオメトリーも最適化。これによりタイヤ磨耗に対してもよりロングライフ化が果たされている。

 電子制御のトラクションコントロールとABSもアップデートされ、重量配分向上策として車両の軽量化とともにバラスト搭載位置を見直すことで、より最適なウエイトバランスを実現した。

 エンジン系統は3.9リッターのV8ツインターボで、信頼性向上とより正確なトルク供給を狙った新エンジンマネジメントを導入するものの、性能向上アイテムはなし。コクピットではFIAの新安全規定に準拠したシートが採用されている。

 そのほか追加ヘッドライト付きのフロントバンパーや、エンジンオイルとクーラントのクイックチャージ用カップリング、カーボンクラッチ、GTE用ブレーキキャリパーが含まれる耐久仕様パッケージも設定される。

 さらにオプションとして、クーラントセンサー、警告灯付き給油監視装置、ル・マン仕様の4500ルーメンを誇るLEDヘッドライトなどもラインアップされた。

 正確なデリバリー時期や車両価格はまだ正式発表とはなっていないものの、この『488 GT3 EVO2』がメルセデスAMG GTに続き、2020年にEVOモデルを投入する2番目の車種となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します