現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストラリアGP:ビニャーレスが最終ラップの勘所と見た10コーナー。「リヤのロック」で決した勝敗

ここから本文です
スポーツ 2019.10.29

MotoGPオーストラリアGP:ビニャーレスが最終ラップの勘所と見た10コーナー。「リヤのロック」で決した勝敗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第17戦オーストラリアGPを転倒で終えたマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)との優勝争いを繰り広げながら、最終ラップで痛恨のリタイアとなった。

 ビニャーレスはレース中盤からトップを走行。その後方には、離されることなく2番手をキープするマルケスの存在があった。そしては最終ラップを迎えるメインストレートで、マルケスにオーバーテイクを許し、2番手でラストラップに入った。

    マルケス、最終周は「10コーナーで仕掛けてくると思っていた」/MotoGP第17戦オーストラリアGP 決勝トップ3コメント

 一方のマルケスはこの週末を通じて速さを見せていたビニャーレスに対し、ホンダエンジンの加速力を使うことができる最終セクターからメインストレートでアドバンテージを見出していたようだ。そして実際、ラストラップの1コーナーをトップで通過することに成功した。

 マルケスは最終ラップについて「10コーナーではそれまでに2度、ビニャーレスに抜かれていたから、きっと(ビニャーレスは10コーナーで仕掛けて)くると思っていたよ」とレース後のプレスカンファレンスで語っている。

 先行するマルケスの背後にぴたりとつけるビニャーレス。マルケスが予測していたように、ビニャーレス自身も、「10コーナーでマルケスをオーバーテイクするために、セクター3を全力で攻めようと思った」という。

 ふたりの戦略が交差する10コーナー。しかし、ビニャーレスが転倒を喫したのは、まさにその9コーナー立ち上がりから10コーナーにかけてのことだった。9コーナー立ち上がりで、ビニャーレスがマシンの挙動を乱す。ヤマハYZR-M1は激しく揺れて左側に転倒。ビニャーレスはマシンとともに、下り坂となっている10コーナー外側のグラベルへと滑っていった。

「リヤタイヤがロックしてしまったんだ。きっと、僕がミスをしてしまったのだと思う」

 ビニャーレスは転倒の理由を、そう語った。しかし一方で、レース内容を前向きにとらえているとも言う。

「今日は2位ではなく、勝つべきレースだった。そのチャンスがあったんだ。ただ、クラッシュはしてしまったけれど、いいレースだったと思うし、満足もしているよ。全周回を全力で走り、バイクはとてもよく走った」

 結果はリタイアとなったが、全力を尽くしたうえでマルケスと最後まで優勝争いを展開できた。ビニャーレスとって、そんな手ごたえに納得したレースだったようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します