現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > D’station Racingが2019-2020シーズンのアジアン・ル・マンに参戦。バンテージGT3を投入

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

D’station Racingが2019-2020シーズンのアジアン・ル・マンに参戦。バンテージGT3を投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGTやピレリスーパー耐久シリーズなど、幅広くモータースポーツ活動を行うD'station Racingは10月28日、アジア4カ国を転戦するアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)の2019-2020シーズンにアストンマーティン・バンテージGT3で参戦すると発表した。

 アジアン・ル・マン・シリーズは、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズと同様、ル・マン24時間を頂点とするACO規定のレースのひとつで、LMP2とLMP3、GT3車両で争われるGTという3カテゴリーがある。冬の間に行われるのも特徴で、2019-2020シーズンは上海での開幕戦を皮切りに、オーストラリアのベンド、マレーシアのセパン、そしてタイのチャン・インターナショナル・サーキットと4戦で争われる。

    林紗久羅さんが日本レースクイーン大賞グランプリを記念した写真集を発売。クラウドファンディングで特典も

 このAsLMSに参戦することになったD'station Racingは、スーパーGTやスーパー耐久同様にアストンマーティン・バンテージGT3を投入。チームオーナーにして、ジェントルマンドライバーとして飽くなき挑戦を続ける星野敏、そしてスーパーGTに参戦する藤井誠暢が乗り込むほか、アストンマーティン・レーシングの若手ワークスドライバーのロス・ガンが組む。

 チーム体制としては、佐々木主浩総監督の指揮のもと、D'station Racingの日本人スタッフに加え、アストンマーティン・レーシングからエンジニアやメカニックが派遣される充実の体制だ。

 2018-2019シーズンは、日本から参戦したCarGuy Racingがチャンピオンを獲り、ル・マン24時間挑戦も果たしている。D'station Racingがどんな戦いを展開してくれるか、今から大いに楽しみにしたいところだ。

D'station Racing
アジアン・ル・マン・シリーズ参戦体制
カーナンバー:77
マシン:アストンマーティン・バンテージGT3
テクニカルサポート:アストンマーティン・レーシング
チーム総監督:佐々木主浩
AMRエンジニア:グスタボ・サンチェス
ドライバー:星野敏/藤井誠暢/ロス・ガン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します