現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポイント失ったクビアト、接触へのペナルティに不満「ドライバーならあそこで戦うのが当たり前」:トロロッソ・ホンダF1

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

ポイント失ったクビアト、接触へのペナルティに不満「ドライバーならあそこで戦うのが当たり前」:トロロッソ・ホンダF1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1メキシコGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは11位だった。ソフトタイヤでスタートしたクビアトは、10周目にハードに、44周目にミディアムに交換する2回ストップで走り、9位でフィニッシュした。

 しかし最終ラップの最終コーナーでニコ・ヒュルケンベルグと接触したことが審議対象になり、クビアトに10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2が科された。スチュワードは、ペナルティの理由を「ターン16を前にして、27号車(ヒュルケンベルグ)は26号車(クビアト)の前を走っていた。コーナーに進入する際、26号車は27号車の後部にヒット、スピンを起こさせ、外側のウォールにヒットさせた」と説明した。

    ガスリー9位「ランキング争いにおいて重要な2点。マシンが強力だったことは心強い」:トロロッソ・ホンダ F1メキシコGP

 10秒加算された結果、クビアトは11位に降格され、チームメイトのピエール・ガスリーが9位に、ヒュルケンベルグが10位に繰り上がった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=11位
 スタートタイヤ(ユーズドソフト)の関係で、難しいレースになるだろうことは分かっていた。それでも、ポイント獲得への期待は大きかった。実際、状況を考えればとてもいいレースができたと思う。予選結果を優先したことで、レースを難しいものにしたけれどね。

 ペナルティにはとても腹を立てている。レーシングドライバーとして、この裁定には納得できない。僕らドライバーは、(積極的に)レースをしてもいいと(F1上層部から)言われているからだ。ニコはポジションを防御し、僕は順位を上げるためにアタックしていた。そういう時ならこういうことは起こり得る。最終ラップの最終コーナーならなおさらだ。

 こういう結果になってしまったが、それでも今週末を終えて、とても前向きな気持ちになっている。金曜、予選、決勝、すべてで強力なパフォーマンスを見せることができた。来週のオースティンがとても楽しみだよ。

(formula1.comにアクシデントについて語り)ニコがタイヤに苦しんでいたので、隙間に飛び込もうとしたら、ドアを閉められた。最終ラップの最終コーナーなら、戦うのが当たり前だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します