現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 僕らはレーシングドライバーだ。ペナルティは納得できない……トロロッソ・ホンダのクビアト憤慨

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

僕らはレーシングドライバーだ。ペナルティは納得できない……トロロッソ・ホンダのクビアト憤慨

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、メキシコGPの決勝レースで11位となった。

 クビアトは9番グリッドからスタート。しかし予選Q2で最速タイムを記録した際に履いていたソフトタイヤでスタートしなければならず、レースペースに苦しんだ。今回のレースではソフトタイヤの性能劣化が激しく、レース中に履いたのは、予選Q3に進んだ中団チームであるマクラーレンとトロロッソの計4台のみだったのだ。

    ■僕への罰は受け入れるけど……フェルスタッペン、ハミルトンの”ノーペナ”に困惑

「今日のスタート時のタイヤでは、難しいレースになることは分かっていた。それでも、ポイントを手にできるという高い希望を持っていたんだ」

 クビアトはチームのプレスリリースにそう語った。

「状況を考えれば、僕らは力強いレースをしたと思う。ある意味では、良い予選を戦ったことで、レースで妥協を強いられた」

 クビアトは実際には、9番手でチェッカーフラッグを受けた。しかし、最終ラップの最終コーナーでルノーのニコ・ヒュルケンベルグに追突した責任を問われ、10秒のタイム加算ペナルティを受け、前述の通り11位となったのだ。これについてクビアトは、納得できないと語る。

「ペナルティにはかなり混乱している。レーシングドライバーとしては、それに同意することはできない。レースをすることを許可すると言われているからだ。ニコはディフェンスし、そして僕は攻撃していた。こういうことは起こりうるんだ。最終ラップの最終コーナーでなら特にね」

 ノーポイントに終わったクビアトだが、メキシコGPの週末に見せることができたパフォーマンスには、大いに励まされているようだ。

「そういうことがあったにも関わらず、この週末を終えた後、僕は非常に強かったと感じている。金曜日、予選、そしてレースの全てで、僕は強かった。だから来週オースティンでコースに戻るのを楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します