現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ初表彰台でチームタイトルにも貢献。福住仁嶺「素晴らしいクルマを作ってくれた」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

スーパーフォーミュラ初表彰台でチームタイトルにも貢献。福住仁嶺「素晴らしいクルマを作ってくれた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーフォーミュラ最終戦で3位を獲得した福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。これまでのベストリザルトは5位となっていたが、フル参戦1年目のシーズンを初表彰台で締めくくった。

 福住はスーパーフォーミュラのデビュー戦となった昨年の開幕戦で予選2番手を獲得したのを皮切りに、今季も7戦中6戦で予選トップ6に入るなど、一発の速さは常に見せつけていた。ただレースでは不運が重なり、思うような結果を残せないでいた。

    ■SF最終戦:決勝|野尻が5年ぶりの優勝。2位のキャシディが悲願の初王座!

 しかしながら今回の鈴鹿戦で福住は、チームメイトの山本尚貴を上回るレースペースを披露。参戦11戦目にして初めてポディウムに登り、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGのチームタイトル獲得にも大いに貢献した。

「もちろん、自分のペースが良かったこともあるとは思いますが、予想以上にクルマの状態が良かったんです」と福住は語った。

「チームが良いマシンに仕上げてくれたおかげでタイヤのデグラデーションも小さく、レースペースは悪くありませんでした。素晴らしいクルマを作ってくれたチームのみなさんに感謝したいです」

 そう語った福住。チームメイトの山本がドライバーズタイトルを争っているというある意味複雑な状況の中で、福住は戦略をどうするべきか迷っていたという。しかし、結果的に自身がベストなレースをするための戦略を採ったと明かした。

「今季のこれまでのレースと同じく、スタートタイヤの選択が悩ましかったです」

「僕のチームメイトである山本選手がドライバーズタイトル争いをしているということもあって、同じタイヤでスタートすることはできるだけ避けようかとも思っていました。でも自分のレースもしたかったので、山本選手と同じくミディアムタイヤをスタートタイヤとすることに決めました」

「その(ソフトタイヤに交換した)後は優勝を目指してプッシュしましたが、あと一歩足りませんでした。3位は嬉しいような悔しいような結果です」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 戎井健一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します