現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、メキシコGPは悔しい3台入賞。田辺テクニカルディレクター「予選までの速さを結びつけることができなかった」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

ホンダF1、メキシコGPは悔しい3台入賞。田辺テクニカルディレクター「予選までの速さを結びつけることができなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予選ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが最速タイムを記録。そのフェルスタッペンを含む全4台がQ3を果たすなど、決勝に向けて大きな期待がかけられたホンダ製パワーユニット搭載勢。しかし決勝レースでは、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)の5位が最上位。メキシコGPでの3連勝を目指したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、1周目の接触が響き、6位でのフィニッシュとなった。

「今日のメキシコGP決勝は、昨日の予選までの速さを結果に結びつけることができず、我々にとっては残念なレースになりました」

    【動画】2019年F1第18戦メキシコGPハイライト

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、そうプレスリリースでコメントを寄せた。とはいえ、全4台中3台が入賞を果たしている。

「レッドブルのアルボン選手は前を走るマシンに迫りながら、確実なパフォーマンスでグリッドポジションを守り、5位でフィニッシュしました。ペナルティのため4番手スタートのフェルスタッペン選手は、スタートでの接触と、またその直後の接触によるタイヤバーストなどの不運がありましたが、それでも何とかレースに復帰し、最後尾から6位までポジションを回復してレースを終える形になりました」

「トップ10圏内のグリッドを獲得したトロロッソの2台は、ユーズドタイヤでのスタートとなったため、後方からニュータイヤを履いて迫るライバルに対して不利な展開になりましたが、それでも最後はガスリー選手が9位入賞と貴重なポイントを持ち帰ってきてくれました」

 田辺テクニカルディレクターは、残りのレースでの活躍を誓う。

「シーズンは残り3戦となりましたが、来週末にはアメリカでのレースが待っています。残りのレースを一戦一戦、大事に戦っていきたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します