現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メキシコGP優勝のルイス・ハミルトン、フロアのダメージで「厳しいレースだった」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

F1メキシコGP優勝のルイス・ハミルトン、フロアのダメージで「厳しいレースだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1メキシコGPの決勝レースで勝利を収めた。しかしこの勝利は、1周目の接触によりフロアにダメージを負ったことにより、非常に厳しい戦いだったという。

 3番グリッドからスタートしたハミルトンは、1周目のターン1にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとサイド・バイ・サイドで突入していった。しかしこのターン1の立ち上がりでハミルトンはバランスを崩し、ターン2のアウト側に飛び出してしまった。この際にハミルトンはフェルスタッペンと接触し、右のフロアにダメージを負ってしまうことになった。

    【動画】2019年F1第18戦メキシコGPハイライト

 ハミルトンはマクラーレンのカルロス・サインツJr.に一時抜かれたが、早々にこれを抜いて4番手に復帰した。その後早めにタイヤ交換を行う1ストップ戦略を成功させて勝利を収めたわけだが、簡単なレースではなかったとハミルトンは認める。

「劣勢だし、難しいレースになるだろうことは分かってここにやってきた。でも、僕らはそれを乗り越えたんだ」

 ハミルトンはそう語った。

「マシンにはかなりのダメージがあったから、レースではかなり苦労した。集中し続けなければいけなかったんだ。第2スティントは長すぎるように見えたけど、今日はとても感謝している」

 ハミルトンは、レースをリードしていたセバスチャン・ベッテルよりも早くピットストップを行うことで、アンダーカットに成功。そのポジションを守りきることで勝利を手にした。

 2位に終わったベッテルは、ハミルトンのタイヤが限界を迎えることを期待していた。しかしそうはならず……ベッテルはもっと良い戦略があったかもしれないと認める。

「ルイスは、第2スティントのほとんどでクルージングしていたと思う。そして僕らが近づくまで、彼はタイヤを十分に残していたはずだ」

「良いレースだったと思うから、満足している。でも、戦略ではもう少し巧みにできたかもしれない」

 バルテリ・ボッタス(メルセデス)が3位に入ったことで、ハミルトンの6回目のドライバーズタイトル決定は、次戦以降に持ち越しとなった。

 あと4ポイント獲得すれば、ハミルトンは無条件でタイトルを決めることになるが、まだ決着をつけることができていないことについては「気にしていない」と語った。

「僕はレースが好きだ。そして同時に出られるのは1レースだけだ。メキシコGPは僕が勝ちたかったレースだ。そして常にここは、僕らにとっては厳しいレースだった。だからここで決めるというチャンスについては、とても謙虚な気持ちだったんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します