現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、フェルスタッペンの黄旗無視を強く非難「大きな事故につながりうる危険な行為」:メルセデス F1メキシコGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

ハミルトン、フェルスタッペンの黄旗無視を強く非難「大きな事故につながりうる危険な行為」:メルセデス F1メキシコGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1メキシコGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4番手だった。Q1では1分16秒424、Q2では1分15秒721(ミディアムタイヤを使用)、Q3では1分15秒262をマークした。

 予選でトップタイムを記録したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、バルテリ・ボッタスがクラッシュした際にイエローフラッグが振られたにもかかわらず減速しなかったことで、3グリッド降格のペナルティを受けた。それに伴い、土曜発表の暫定グリッドでは、ハミルトンに3番グリッドが与えられている。

    降格のフェルスタッペン「ペナルティは残念。皆の努力が実って、予想外のポールを獲れたのに」:レッドブル・ホンダF1

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 予選=4番手
(フェルスタッペンのペナルティ確定前のコメント)
 メキシコのコースでは苦しむものと最初から覚悟していた。今日は全力を尽くし、マシンから最大の力を引き出すことができたと思う。それでも単純に、ポールを獲るには十分ではなかった。3番手は可能だったかもしれないが、それ以上は無理だったと思う。

 4番手でも日曜日を戦うのに十分良いポジションだ。スタートをうまく決めたい。

 ここでのレースではいつも苦労しているから、明日も楽な展開になるとは考えていない。ウエット路面になるように、今夜、雨乞いをするかもね。ウエットになれば、多少チャンスが出てくるだろう。

 そうはいっても、難しいチャレンジになるだろう。レッドブル勢はロングランで最速だったので、彼らについていくのは簡単なことではない。戦略のバリエーションは数多くあるわけではないけれど、誰のタイヤが一番長もちするかが興味深いところだ。それが最も重要なポイントになる。

 レッドブルやフェラーリのトップ集団に食いついていきたい。バトルをするのを楽しみにしているよ。

(フェルスタッペンの黄旗無視の件についてロイターに語り)FIAはダブルイエローフラッグの規則を守らせることに厳格でなければならない。それはとても重要なことだ。彼はあの時、全開で走る必要などなかった。すでに暫定ポールを獲っていたのだから。

 幸いあの時、コースの真ん中にマーシャルはいなかった。でも、もしかするとバルテリがコースの真ん中で止まっていて、マーシャルがそこにいたかもしれない。そういう時のためにダブルイエローが使われる。大きな事故が前方で起こる可能性を示すためにだ。

 彼がそれを無視したのはいいことではない。ドライバーはこういう規則を尊重するべきだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します