現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選2番手のルクレールがポールポジションへ「レッドブル・ホンダは速すぎて届かなかった」:フェラーリF1

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

予選2番手のルクレールがポールポジションへ「レッドブル・ホンダは速すぎて届かなかった」:フェラーリF1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1メキシコGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2番手だった。Q1では1分16分364、Q2では1分16秒219(ミディアムタイヤを使用)、Q3では1分15秒024を記録した。予選でトップタイムを記録したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが黄旗無視で3グリッド降格のペナルティを受けたため、土曜発表の暫定グリッドでは、ルクレールにポールポジションが与えられている。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 予選=2番手
 今週末はライバルたちが手ごわいだろうと予想していた。FP3を終えた段階で、僕らにもポールを狙える可能性があると思った。でも彼らは予選ですべてをうまくまとめ上げてきて、そうなると速すぎて手が届かなかった。

    降格のフェルスタッペン「ペナルティは残念。皆の努力が実って、予想外のポールを獲れたのに」:レッドブル・ホンダF1

 Q3最初のアタックラップでは自分でも満足のいく走りができたが、それでもマックス(・フェルスタッペン)からはコンマ1秒遅れていた。だから最後のアタックに向けてセッティングを変えてみた。そうしたら、残念ながら最終セクターを中心にアンダーステアが出るようになって、タイムを失ってしまった。

 予選を2位で終えたにもかかわらず、ポールからスタートするというのは不思議なシチュエーションだね。けれども僕らのアプローチは変わらない。スタート後にリードを保つことが非常に重要になる。ターン3をトップで通過した者が大きなアドバンテージを得ることになる。なぜならここでは誰にとっても冷却が大きな問題であり、後ろを走るマシンが不利になるからだ。

 ターン1までのストレートはとても長いので、僕らの持つストレートラインスピードをうまく生かす必要がある。全力を尽くして戦うよ。明日はエキサイティングなレースになるといいね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します