現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】チャンピオンに転倒の2文字は無い? マルケス、弟に対抗する“スーパーセーブ”披露

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

【MotoGP】チャンピオンに転倒の2文字は無い? マルケス、弟に対抗する“スーパーセーブ”披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第17戦オーストラリアGPの初日、通常のフリー走行の他に来シーズンに向けたミシュランのタイヤテストが行われた。

 そのセッションはレプソル・ホンダのマルク・マルケスがトップタイムを記録していたが、終盤に彼はターン10でフロントタイヤを切れ込ませてあわや転倒、といったシーンが見られた。

    【ギャラリー】アレックス・マルケス、日本GP“神スケーティング”の衝撃の瞬間

 この時マルケスは70.8度のバンク角を記録するほどにバイクが傾いていたにも関わらず、彼はスロットルを開けてバイクを直立させ、転倒を回避してしまったのだ。


 マルケス曰く、その瞬間は彼としても転倒を避けることはほぼ諦めていた程だったという。

「ロングランをしていて、とてもスムーズにマシンを乗っていた。その時はタイヤの右側がソフトコンパウンドのタイヤを履いていた。でもロングランには柔らかすぎたみたいだ」と、マルケスは当時の状況を話した。

「それでフロントタイヤを切れ込ませてしまって、バンク(角)は凄いことになった。それがあのインシデントの一部であり、僕は諦めようかと思っていたんだ」

「諦めようと思ってはいたんだけど、『諦める前にスロットルを開けてどうなるか見てみよう』と考えたんだ」

「スロットルを開けると、ウイリーのような反応がバイクからあって、転倒をセーブすることができた、というわけだ」

 なおマルケスは冗談混じりに“弟からモチベーションを貰ったんだ”と、前戦日本GPでスーパーセーブを決めた弟のアレックス・マルケスの走りに刺激を受けたと話した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Lewis Duncan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します