現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2オーストラリア決勝:ビンダー優勝、チームでワンツー。マルケス8番手と苦戦

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

Moto2オーストラリア決勝:ビンダー優勝、チームでワンツー。マルケス8番手と苦戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto2クラス決勝レースが行われた。優勝はRed Bull KTM Ajoのブラッド・ビンダーだった。

 気温15度、路面温度25度のコンディションで、25周の決勝レースがスタートを迎えた。

    ■マルク・マルケス、弟の“神スケーティング”に感服「50回見ても飽きない!」

 スタートはブラッド・ビンダーが良い蹴り出しを見せ、そのままホールショットを奪う。大きな混乱無くスタートしたかと思いきや、ターン4でルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)とマルコ・ベッツェッキ(Red Bull KTM Tech 3)が転倒を喫してしまった。この事故はイケル・レクオナ(monday.com American Racing)が減速しきれずマリーニに接触し、そこにベッツェッキが巻き込まれてしまったことが原因だった。

 オープニングラップを終えると、ビンダー、ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)、ホルヘ・ナヴァッロ(Beta Tools Speed Up)の3人が若干抜け出す形となり、それをトーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)が追う状況だ。

 ただ2周目から既にビンダーとマルティンの2名が3番手のナヴァッロにも差をつけつつあった。4番手でルティがそれを追い、ポイントリーダーのアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)は6番手につけた。

 5周目になると4番手のルティが3番手ナヴァッロに追いつき、1-2集団を1秒差で追いかけた。

 先頭が淡々と周回を重ねる一方で、6番手争いは激しさを増していた。マルケスとロレンソ・バルダッサーリ(FLEXBOX HP 40)、ステファノ・マンツィ(MV Agusta Temporary Forward)、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)との間でバトルが繰り広げられたのだ。

 10周目、ルティがついにナヴァッロを捉え、3番手に浮上。そのままマルティンを追った。

 マルケスはペースが上がらずライバルの追い抜きを許してしまい、ポジションも9番手にまで落としてしまった。

 この集団のバトルはその後数周に渡って続き、マルケスらは度々ポジションを入れ替えつつ周回を消化した。

 残り10周、先頭の2台は3番手ルティにも2秒の差を築いており、盤石の体制に見えた。

 コース上ではマルケスと長島の抜き合いが何度も見られた。ただどちらもオーバーテイクを仕掛けるが、相手を引き離すことができなかった。

 先頭集団で大きな動きは無いまま残りは5周に。そこからの2周でビンダーはスパートに入ったようで一気にペースアップ。マルティンにも1秒近い差をつけた。

 レースはそのまま最終ラップに。ビンダーが完璧なレース運びを見せ、2秒の大差を持ってフィニッシュし優勝を果たした。2位はマルティン。Red Bull KTM Ajoがワンツーフィニッシュを決めた。

 3位はルティ。チャンピオンシップでもマルケスとの差を28ポイントまで縮め、望みを繋いだ。

 長島は終始マルケスらとポジションを争ったが、最終的に10位。ポイントを持ち帰った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します