現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダのアルボン、痛恨クラッシュを嘆く「予選に向けて、リズムを取り戻せるかが重要」|F1メキシコGP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.26

レッドブル・ホンダのアルボン、痛恨クラッシュを嘆く「予選に向けて、リズムを取り戻せるかが重要」|F1メキシコGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は、F1第18戦メキシコGPのフリー走行2回目に喫したクラッシュについて、”フラストレーションが溜まるミス”だったと語った。

 アルボンはFP2開始から15分が過ぎた頃、ターン7アウト側の縁石に乗ったことでコントロールを失い、バリアにクラッシュしてしまった。この衝撃により、アルボンのマシンは右フロントのサスペンションを大きく破損。早々に走行を終了することになってしまった。

    【動画】2019年F1第18戦メキシコGPフリー走行2回目ハイライト

 これにより、レッドブルはマックス・フェルスタッペンひとりが予選シミュレーションとロングランを行わざるを得なかった。

 セッション後、アルボンは自分が”愚かな”ミスを犯してしまったと話し、クラッシュの全責任を背負った。

「僕自身は大丈夫だし、クルマのダメージもそれほど大きくない。明日の走行に向けては準備ができるだろう」

「フラストレーションが溜まるミスだ。言うまでもなく、FP2の走行時間をかなり失った」

「コーナーへの進入でコントロールを失ってしまった。縁石を使い過ぎてしまったんだ。正直に言うと、映像を見直す必要がある。まだあまり見れていないんだ。一旦コントロールを失ってからは、(スピンまで)とても早かった」

 メキシコGP初日は、ランス・ストロール(レーシングポイント)がFP1でクラッシュした他、多くのライダーがブレーキングでタイヤをロックさせてランオフエリアに飛び出したり、スピンを喫するなど、路面コンディションに苦労している印象だった。

 しかし、アルボンはコンディションについて訊かれると「それほど悪くない」と答えた。

「ここではハイダウンフォース仕様のマシンを使うけど、空気が薄いのでトリッキーなんだ」

「だけどそれも要因のひとつに過ぎない。みんながコースオフしたり、ミスをしたと思うけど、明らかに僕のミスが最も大きかった」

 アルボンのチームメイトであるフェルスタッペンは、FP2でトップとなったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と約0.1秒差の2番手につけた。

 フェルスタッペンのロングランペースも良かったことから、アルボンも励まされたという。しかし、自分が予選日にリズムを取り戻すためには、普段と少し違うアプローチが必要になると認めた。

「マックスは、クルマがかなり速いことを示した。特にレース走行(ロングラン)はね。それ(ロングラン)についてはあまり難しくないんだ」

「問題なのは、僕がFP3でリズムを取り戻せるかどうか、そして予選に向けた組み立てができるかどうかなんだ」

「世界の終わりというほどではないけど、明らかに自分で難しい状況にしてしまった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します