現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 メキシコGP】初日はベッテルがトップ、フェルスタッペンが2番手発進

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

【F1 メキシコGP】初日はベッテルがトップ、フェルスタッペンが2番手発進

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで25日、F1メキシコGPが開幕。初日のフリー走行2回目はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイム、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2番手タイムをマークした。

アメリカ大陸3連戦の1戦目はメキシコGP。このあと翌週にアメリカGP、1週間空いてブラジルGPと続く。そして中東に移動し、12月1日決勝のアブダビGPで2019年シーズンが幕を閉じる。メキシコGPはこれまでレッドブルのマックス・フェルタッペンが2連勝、そして過去19回の歴史の中で、ホンダエンジンは1965年の初優勝を含め4勝で最多勝利の記録を持つなど、レッドブルとホンダにとって相性のいいグランプリでもある。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

フリー走行1回目は、セッションが進むにつれて路面が仕上がりタイムが伸びる展開となり、最終的にルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分17秒327のトップタイムをマーク。フリー走行2回目は序盤、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールがワンツー体制を敷いたが、そこにフェルスタッペンが割って入り、さらにはピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が2番手に躍進するなど激しく順位が変わる展開となった。

最終的に1分16秒607を記録したベッテルがトップ、0.115秒差でフェルスタッペンが2番手につけ、以下ルクレール、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ハミルトン、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、ガスリーと続いた。

ホンダ勢は2・6・7番手と絶好調。アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)はセッション序盤にクラッシュを喫しその後走行できなかったが、フリー走行1回目では4番手タイムを記録しており、予選では上位に食い込んでくることが期待される。

■F1メキシコGP フリー走行2回目結果

1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分16秒607

2. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分16秒722

3. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分17秒072

4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分17秒221

5. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分17秒570

6. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分17秒747

7. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分18秒003

8. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分18秒079

9. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分18秒261

10. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分18秒349

11. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分18秒362

12. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分18秒366

13. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分18秒380

14. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分18秒681

15. ロマン・グロージャン(ハース)/1分18秒766

16. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分18秒889

17. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分19秒306

18. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分19秒968

19. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/1分20秒180

20. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)/1分21秒665

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します