現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2オーストラリア予選:降雨含みの予選でナヴァッロがポール獲得。長島12番手

ここから本文です
スポーツ 2019.10.26

Moto2オーストラリア予選:降雨含みの予選でナヴァッロがポール獲得。長島12番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto2クラス予選が行われ、ホルヘ・ナヴァッロ(Beta Tools Speed Up)がポールポジションを獲得した。

 直前に行われたMoto3クラス予選は雨に見舞われるコンディションだったが、Moto2クラスの予選が始まる頃には日が射す状況となっており、ドライコンディションでセッションが開始された。

    ■MotoGPコラム:表彰台までは何マイル? 日本勢、母国戦は厳しい1日も”糧”を得る

 Q1はタイムが毎ラップ更新されていったが、ひとまずはロレンソ・バルダッサーリ(FLEXBOX HP 40)が1分35秒425でトップタイムとした。

 セッション中盤、レミー・ガードナー(ONEXOX TKKR SAG Team)が1分34秒599をマークしてトップに浮上。ボー・ベンスナイデル(NTS RW Racing GP)やサム・ロウズ(Federal Oil Gresini Moto2)がそこに続いた。

 残り4分、ロウズが1分34秒357でガードナーを上回ってトップタイムを記録。ガードナーも負けじとアタックに入ったが、これを上回ることができない。

 そしてラストアタックで上位に食い込むライダーは出てこず、ロウズ、ガードナー、シャビ・ビエルヘ(EG 0,0 Marc VDS)、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)の4名がQ2へ進んだ。

 続くQ2が始まると、EG 0,0 Marc VDSのアレックス・マルケスとビエルへを先頭に各ライダーが一斉にコースインした。

 まずはマルコ・ベッツェッキ(Red Bull KTM Tech 3)が1分34秒612でトップタイムに。その後マリーニが1分33秒934までタイムを伸ばしてトップを奪った。

 そこからは多数のライダーが自己ベストを刻みタイムシートは大きく変動。中でもホルヘ・ナヴァッロが1分33秒565をマークしてトップに立つと、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が2番手に続いた。

 セッション残り5分、天候が急変し一部で雨粒が落ち始めてしまった。このコンディションにアタックを中止してスローダウンするライダーも多く、気勢が挫かれてしまった。

 残り3分頃にはコース前半部分でかなり雨が強くなってしまい、タイム更新は不可能だと判断したライダーたちはピットへと戻っていった。

 そしてセッション時間がゼロとなり予選終了。ポールポジションはナヴァッロ、2番手ビンダー、3番手マリーニという並びとなった。

 Moto2に唯一参戦している日本人ライダー、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)は最終的に12番手タイムで予選を終えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します