現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン初日2番手「ストレートの速さはフェラーリにかなわないが、決勝では接戦に持ち込める」:レッドブル・ホンダF1

ここから本文です
スポーツ 2019.10.26

フェルスタッペン初日2番手「ストレートの速さはフェラーリにかなわないが、決勝では接戦に持ち込める」:レッドブル・ホンダF1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1メキシコGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=3番手/2=2番手だった。

 夜間の雨により路面が濡れた状態でセッションがスタート。フェルスタッペンは、FP1では17周を走行し1分17秒461、FP2では37周のなかで1分16秒722を、それぞれソフトタイヤでマークした。

    F1メキシコGP FP2:初日最速はベッテル。ホンダPU勢はアルボンがクラッシュも3台がトップ10内に入る好調な出だし

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=3番手/2=2番手
 とてもポジティブな一日だった。たくさんのパーツをテストし、一日のなかで進歩していくことができたと思う。最終的にバランスはとても満足できるものになった。

 もちろんさらに改善すべき点はあるけれど、セクター2とセクター3でパープル(全体のベストタイム)を出すことができたのだから、文句は言えない。

 フェラーリはストレートであまりにも速く、僕らはコーナーすべてを使ってもストレートでの遅れを取り戻すことができない。だから現実的に考えて、彼らとポールポジション争いをするのは無理だろう。それでもロングランペースでは同じレベルだと思う。

 僕らはレースペースの方が強力だ。レースに集中して作業を進めていき、日曜にうまくタイヤを管理して走ることができれば、接戦に持ち込めるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します