現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM:RモータースポーツがHWAとのパートナーシップ終了を発表。クラス1参戦は継続

ここから本文です
スポーツ 2019.10.24

DTM:RモータースポーツがHWAとのパートナーシップ終了を発表。クラス1参戦は継続

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権に2019年からアストンマーティン・バンテージDTMで参戦しているRモータースポーツは10月24日にプレスリリースを発行し、DTM参戦に向けて協力関係にあったHWA AGとのパートナーシップを解消すると発表した。ただし、アストンマーティンのDTM、そしてクラス1レギュレーションのレースへの挑戦は続くとされている。

 メルセデスAMGが2018年限りで活動を終えたDTMでは、2019年に向けてメルセデスの活動を担っていたHWA AGが、Rモータースポーツのレース活動を行うAFレーシングAGとパートナーシップを締結。メルセデスAMGの技術を使い、アストンマーティン・バンテージDTMが短時間に作り上げられ、DTM参戦を果たし3メーカーによる争いが続いていた。

    DTM第9戦ホッケンハイム:アウディ勢が表彰台独占で有終の美。GT500勢は雨中で苦戦

 しかし2019年シーズンをもって、双方の合意のもとでこのパートナーシップが解消されることになった。ただし、アストンマーティンは引き続きRモータースポーツが走らせるクラス1レギュレーションでのDTM活動をサポートするほか、来季以降の詳細については、Rモータースポーツから今後発表されるとしている。

「残念ながら、DTMへのコミットメントに対して、HWAとのさらなる協力へのコンセンサスを確立することができなかったため、DTMでのパートナーシップを終了することが唯一の選択肢となってしまった。我々は未来に照準を合わせる」と語るのは、Rモータースポーツのフロリアン・カメルガー代表。

「ただし、HWAとのコラボレーションは終了したが、DTMへの関与は継続する予定であり、アストンマーティンと連携して2020年に向けて方針転換をしていきたい」

 また、アストンマーティン・ラゴンダの最高経営責任者であるアンディ・パーマーは「アストンマーティンはバンテージDTMによるRモータースポーツのDTMプログラムを継続してサポートする」とコメントした。

「そして、日本のスーパーGTやアジア等、クラス1レギュレーションで争われるレースへのプランについても支援していきたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します