現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 豪州SC:古豪ギャリー・ロジャース・モータースポーツ、共通サス導入を巡りシリーズ撤退を決断

ここから本文です
スポーツ 2019.10.25

豪州SC:古豪ギャリー・ロジャース・モータースポーツ、共通サス導入を巡りシリーズ撤退を決断

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの前身、V8スーパーカー時代の1996年から参戦してきた“古豪”ギャリー・ロジャース・モータースポーツ(GRM)が、2019年限りでVASC参戦を取り止め、シリーズから撤退することを決断した。その背景には、2020年導入予定だった共通フロントサスペンション/アップライトを巡る、オーガナイザー側との見解相違があったとみられている。

 10月第3週の金曜を持って、来季2020年のエントリー登録が締め切られたVASCだが、そのリスト内にシリーズを牽引してきた名門チームの名が記されていないことが判明した。

    豪州SC:ニッサンで奮闘したケリー・レーシング、2020年はついにフォードへスイッチ

「そう、我々はシーズンエントリーのフランチャイズ(エントリー枠)を更新しないことに決めた」と語るのは、VASCの運営にも携わった経歴を持つチーム代表のギャリー・ロジャース。

「おそらく、この決断に際して人々の胸のうちを想像するに、『あいつらは一体全体、何を考えているんだ』と不思議に思われていることだろう」と続けたロジャース。

「しかし、我々こそ今後のチームのために、今ここで何をすべきか。改めて考える必要があると思ったんだ」

 現在、チームのタイトルスポンサーを務めるブーストモバイルと、長年GRMを支援してきた大手オイルブランド、バルボリンの支援で活動を続けてきた彼らだが、ブーストモバイルCEOであるピーター・アダートンは、VASCが2021年に導入を延期した共通フロントサスペンション&アップライトを、1年前倒しで計画どおり実施するようシリーズに強く働きかけてきた。

「もちろんコスト削減も主要な目的だが、グリッド全体で異なるパーツが使用され、それが要因でドライバー力量と異なるレース結果を見続けるのに、うんざりしているのが真実だ」と語ったアダートンCEO。

「もともと、フロントの共通化も当初プランでは2020年導入で進んでいたはずだ。それをスーパーカーのシリーズ運営が2021年まで延期したのが事の発端だ。導入に多くの費用はかからないのに、なぜ遅らせる必要があるのか」

「この状況でレッドブルやシェル(それぞれトリプルエイト・レースエンジニアリング、DJRチーム・ペンスキーを支援)以外のスポンサーがシリーズに留まる意義は見出しにくい。もし2020年に実施されないなら、我々がシリーズを去るまでだ」

 現在VASCで使用される“Gen2”と呼ばれるCOTF(カー・オブ・ザ・フューチャー)規定シャシーは、すでにリヤエンドの共通化が実現しており、サスペンション構成やブレーキはコモンパーツとなっている。

 しかしフロントに関しては一部遅れているのが実情で、フォード陣営はその現実を逆手に取り、2019年投入のフォード・マスタング・スーパーカーから“リニア・スプリング・ダンパー”と呼ばれる新兵器を投入。これも効果を発揮し、フォード勢がここまで25戦21勝というシリーズを席巻する強さを披露している。

 チーム代表のロジャースも「そのため、コントロールダンパーと共通アップライトの導入こそが最善策で、それはコスト削減にもつながる施策となるはずだった。スーパーカーでの活動を続けるべく、そのビジネスプランを立てるため1週間か2週間の期限延長を要求したが、彼ら(スーパーカー運営)はそれを拒否した」と、決断の経緯を語っている。

 1996年から現在のVASCに繋がるシリーズをホールデン(ボルボのファクトリーチームを担当した期間を除き)とともに戦ってきたGRMは、通算32勝を記録。その間、シリーズを代表するドライバーたちを数多く輩出し、スティーブン・リチャーズ、ガース・タンダー、ジェイミー・ウインカップ、そして連覇が濃厚なスコット・マクローリンら名だたる選手を育ててきた。

 GRMは2019年初年度からエントリーするTCRオーストラリアと、こちらも今季創設の大陸史上最速フォーミュラ、S5000への参戦は継続するとしている。これにより、2020年のVASCグリッドには24台のマシンが並ぶとみられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します