現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE、模擬レースでもクラッシュ多発。エバンス「少し真剣になり過ぎた」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.24

フォーミュラE、模擬レースでもクラッシュ多発。エバンス「少し真剣になり過ぎた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーズン6(2019-2020年)の開幕を控え、バレンシアで公式テストが行われたフォーミュラE。今季からルールが変更されることもあって、模擬レースが2回行われた。

 フォーミュラEは、シーズン5から45分プラス1周と言う時間制レースへとフォーマットが変更された。しかし、クラッシュなどによりセーフティカーやフルコースイエローが出された場合、レースの残り時間は減り続け、実質的に走行距離が短くなってしまう。バッテリー的にも余裕が生まれ、フォーミュラEで重要なエネルギー管理の要素が台無しになってしまっていた。

    ■日産・e.ダムス、“着物”をイメージした新カラーリングを披露

 その対策としてシーズン6から競技規則が変更された。セーフティカーやフルコースイエロー走行時間1分につき、各マシンが使用可能な残りエネルギーを1kWh差し引くことで、ドライバーたちにエネルギー節約を促そうとしている。また全開で走行する時間が少なくなることから、クラッシュが減るという副次的効果も期待されている。

 この新ルールのシステムチェックを行うため、バレンシア公式テスト走行2日目と3日目に”模擬レース”が行われたわけだ。

 この模擬戦ではメルセデスのストフェル・バンドーン、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミがそれぞれのレースで勝利を飾った。あくまで模擬レースであり、結果に応じてポイントが与えられることはないにも関わらず、特に最終日に行われた模擬レースでは接触が多発した。

 パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)は、接触により右フロントのホイールカバーを失った状態でチェッカー。ミッチ・エバンス(ジャガー)はマシンが密集している中でニコ・ミューラー(ドラゴン)に追突してしまった。また、オリバー・ローランド(日産・e.ダムス)とバトルしていたフェリペ・マッサ(ヴェンチュリ)は、シケインのウォールにノーズから突き刺さってしまった。

「少し真剣になりすぎてしまった」と、エバンスは語った。

「間違いなく、みんな競争心が強すぎた。なぜか、ポイント争いをしているように感じた」

「FIAの立場からすれば、システムが正常に機能していることを確認する必要があった。でもテストでそういうレースを行うと、みんなが夢中になってしまって、おかしなことになる」

「2度目の模擬レースの後は誰もがダメージを抱えていたと思う。僕たちはスポーツマンであり、非常に競争心が高い。当然他の誰よりも前に立ち、自分たちの持っているものを試したいんだ。それが接触の可能性を生み、数回の接触が起きてしまった」

「しかし願わくば、FIAが十分なデータを手に入れて、テスト中の模擬レース実施を回避できることを望む。次にレースを行うのは、実戦の時になってほしい」

「今後はこういったシミュレーションがあまり行われないことを願っている。単に不必要なダメージなどを生むだけだと思う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Alex Kalinauckas)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します