現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > PUカスタマーを失うルノーF1、マイナスの影響を否定「むしろワークスチームに集中できるというメリットがある」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1は、2020年末でマクラーレンとのパワーユニット(PU/エンジン)契約を終えるため、現時点の状況では、2021年には自らのワークスチームのみがそのパワーユニットを使用することになる見込みだ。しかし、ルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、カスタマーチームがゼロになることを、ポジティブにとらえているという。

 9月にマクラーレンは、現契約が切れる2020年末でルノーとの提携を終え、2021年からメルセデスのパワーユニットを搭載すると発表した。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン