現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GPDA会長のブルツ、2021年導入の18インチタイヤは「ドライバーへの利益がない」と批判

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長を務めるアレクサンダー・ブルツは、F1が2021年から18インチのホイールを導入することについて、これはマーケティング上の理由だけで判断されたもので「ドライバーには何の利益ももたらさない」と酷評した。

 F1は、10月末に2021年に導入される新しいレギュレーションの内容を公表する予定だ。そのなかで、すべての関係団体が既に合意している新ルールのひとつが、ホイール径を13インチから18インチへ変更することで、この件はF1公式タイヤサプライヤーのピレリが働きかけてきた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン