現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「超貴重なシビック無限RRを魔改造!」ホンダ車チューンの名門が放つFD2型タイプRの究極系!

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23

「超貴重なシビック無限RRを魔改造!」ホンダ車チューンの名門が放つFD2型タイプRの究極系!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心臓部には300馬力のジェイズ2.4Lコンプリートエンジンを搭載

無限RRよりも強靭で軽いボディにも注目!

    「美しきツートンカラーのFD3Sサーキット専用機」1050キロの車重と440馬力の高耐久ロータリーで攻める!

FD2型シビックタイプRベースの無限コンプリート“無限RR”。標準のタイプRよりも約200万円高い477万5000円という価格だったにも関わらず、限定300台がわずか10分で完売したという伝説のプレミアムモデルだ。

そんな貴重な限定車を惜しむことなくチューニングしたのが、関西屈指のホンダ車チューナー“ジェイズレーシング”。ストリート仕様として必要な装備は残したまま、サーキットでも極限の性能を発揮できることをテーマに作り上げたものだ。

特筆すべきチューニングポイントはボディワーク。内装が全て装着されているため分かりにくいが、一度ボディを丸裸にしてサイドバー付きのロールケージをインストール。ピラーに沿う部分はガゼット留めしているほどだが、ロールケージごとボディ同色にペイントされているために、ストリートカーとしても嫌みのない仕上がりになっている。

また、外装はルーフをはじめ、多くのパーツをカーボン化。標準のタイプRよりも軽量化されている無限RRを、さらに80キロ近くシェイプアップしているのだ。

なお、エアロパーツは全てジェイズレーシング製で統一。フロントバンパーにはオプションパーツのレーシングシュラウドなどを使い、ブレーキやエンジンルームに効率良く走行風を分配。前後セクションのアンダーフロアはフラット&ディフューザー化され、グランドエフェクト効果を狙う。

一方のエンジンは、K20Aベースの2.4Lジェイズレーシングコンプリートユニットを搭載。腰下にオデッセイなどに搭載されるK24Aのパーツを流用して排気量を拡大、独自のハイパーECUと戸田レーシング製の4連スロットルを組み込む事で、ハイレスポンスなオーバー300psを実現。4気筒NAマシンとしては世界最高峰のポテンシャルに仕上がっている。

足回りは、クラックス製ベースのジェイズレーシングSPLダンパーキットを軸に構築。スプリングはスウィフトでレートはフロント12kg/mm、リヤ20kg/mmをセットする。ブッシュ類は全てピロに変更済みだ。ここに1.5ウェイのLSDを組み込んで、“踏み続けられる”足を創出。ブレーキは、フロントにオリジナルの6ポットキャリパーシステムを装備して制動力を確保している。

メーターはデータロガー付きレーシングモニターで作り直されている。メーター横にあるポートから各種走行データをダウンロードし、パソコンで解析することが可能だ。シートは左右ともレカロRS-Gに交換される。

2.0Lターボ勢をカモれる圧巻の戦闘力に加え、ストリート仕様としての快適性まで併せ持った究極のシビックタイプR、魅力的だ。

●取材協力:ジェイズレーシング TEL:072-645-3500

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します