現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 来季のメルセデスF1が目指すのはフェラーリ? ハミルトン「もっとパワーを!」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.22

来季のメルセデスF1が目指すのはフェラーリ? ハミルトン「もっとパワーを!」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、今季のメルセデスはエンジン開発の点で「それほど素晴らしい年ではなかった」と認め、2020年はより空気抵抗が少ない、パワフルなマシンを望んでいる。

 2014年にパワーユニット(PU)がF1に導入されて以来、ダブルタイトルを獲り続けているメルセデス。ライバルたちに比べて優れた性能のPUを生み出したことで、その支配の基盤を形成した。

    ■フェラーリPUの合法性を巡る水面下の攻防。FIAは正式な抗議提出を望む?

 しかしながら、そのアドバンテージは着実に失われている。現在ストレートスピードではフェラーリがベンチマーク的存在だと見なされている。今季のフェラーリは空力の効率性を重視し、空気抵抗の少ないマシンを開発。さらにPUのパフォーマンスでもライバルたちより一歩先を進んでいると見られている。

 ハミルトンは、今やPUが完全に弱点となった状況を、メルセデスが好転させることができると信頼していると述べた。

「来年までは時間がある。エンジン開発という点で、今年は僕たちにとって素晴らしい年ではなかった」

「チームのみんなにとっては本当につらい時間だったと思う。彼らはこれまでと同じように一生懸命働いてきたけど、その部門ではそれほど成功できていないんだ」

「それに加えて、マシンがとてもドラッギー(空気抵抗が多め)なんだ。でも信頼性は素晴らしい。それは変わらないことを願っている。当然、それを誇りに思っているからね」

「僕たちは今年もコンストラクターズチャンピオンになれたけど、来年に向けて空気抵抗を少し減らすだけでなく、パワーを高めることを目指している」

「彼らはそれに全力で取り組んでいる。来季は何らかの前進を果たすことができると、僕は確信しているんだ」

 日本GPでは、終盤にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に迫ったものの、オーバーテイクできなかったハミルトン。この際の攻防が、フェラーリのストレートでのパフォーマンスを強調したと語った。

「スリップストリームにDRS、それに最大パワーなどあらゆるものを使っても、オーバーテイクは不可能だった」

「彼らの速さは信じられないほどだった。たとえタイヤの面でアドバンテージがあったとしても、オーバーテイクは非常に困難だった」

「だが、それはクールだと思う。それが面白いレースを生むんだ」

 一方のベッテルも、フェラーリの持つストレートでのアドバンテージを最大限に活用したと認めた。

「僕たちはストレートでアドバンテージを持っていると思う。それを使おうとして、うまくいった」とベッテルは振り返った。

「余裕があるエリアではスピードを落とし、彼(ハミルトン)が脅威になる可能性がある、ストレートの前でスピードを上げていたんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matt Beer)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します