現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「試乗したドライバーが必ず絶賛するFD3SブーストアップSPL!」RE雨宮テクノロジーが詰め込まれた過給圧上昇号

ここから本文です
スポーツ 2019.10.22

「試乗したドライバーが必ず絶賛するFD3SブーストアップSPL!」RE雨宮テクノロジーが詰め込まれた過給圧上昇号

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆるレーシングドライバーを虜にする過給圧上昇7の魔力

RX-7のポテンシャルを高次元でバランスよく引き出す

    「試乗したドライバーが必ず絶賛するFD3SブーストアップSPL!」RE雨宮テクノロジーが詰め込まれた過給圧上昇号

RE雨宮が展開するコンプリートチューンド“過給圧上昇”シリーズ。その名の通り、純正タービンを生かしきるブーストアップ仕様だ。

FD3Sは、もともと前後50:50の重量バランスを保持しているため、基本性能は申し分ない。そこで歴代の過給圧上昇号は、この基本性能をそのままスライドしてRE雨宮流のテイストに染められているのが特徴といえる。すなわち、RE雨宮の基準となるFD3Sを具現化したモデルなのである。

今作はシリーズ9作目のモデルで、エクステリアはスーパーグレッディ3ボディキットで武装。初代の過給圧上昇号が370psだったのに対して、この9号機はマネージメントのアップデートにより402psまでに出力が高まっているというから恐れ入る。

エンジン本体はポートの段付き修正に留めて、吸排気チューンを徹底。まず吸気側はHKSパワーフローに、オリジナルのレベルマン(Vマウント式のインタークーラーキット)を装着。コアサイズは大型だが、これはタービン交換へのステップアップも考慮した結果だ。そんなVマウントシステムによる冷却性能を最大限まで飛躍させるべく、ボンネットダクトはインタークーラーサイズに合せた形状が与えられている点は見逃せない。

排気パートは車検対応を前提とし、オリジナルのSDコンバーターを中心にレイウト。小気味の良いチューンドロータリーの咆哮は、じつに刺激的であり紳士的だ。

また、タービンに関しても常時ツインターボよりも扱いやすくをコンセプトに、アペックス・パワーFCでシーケンシャルの切り替えポイントを徹底的に調整。これによりパワーの谷間をほとんど感じさせないフラットターボ特性を実現している。

そうしたパワーチューンに加えて注目したいのが足回り。アドバンネオバAD08のグリップ特性にあわせたサスペンションシステムと、それを活かす雨宮独自のセッティング技術が組み合わさることで、信じられないレベルのコーナリングパフォーマンスを発揮する。

軸となる車高調はDG-5雨宮スペックで、単なるDG-5のFD3S用というワケではなく、しっかりテストして完全に雨宮テイストに仕上げられた逸品だ。スプリングにはスウィフト(F16kg/mm R18kg/mm)を奢る。

スポーツ走行に欠かせないのが、ミッションとデフをつなぐパワープラントフレームの強化。さらにタイヤの性能が大幅に進化したことから、LSDのイニシャルトルクは下げる方向で煮詰められ、操縦性と快適性は従来のチューンドと一線を画す。

ブレーキは、前後ともプロジェクトμの2ピースブレーキローターに、雨宮スペックのブレーキパッドを装着。キャリパーはFD3S純正の17インチ仕様となっており、サーキットアタック時もこの組み合わせのままだ。

インテリアはストリートスペックらしい仕上がり。追加メーターはステアリングコラム上の52φブーストメーター以外では、60φ(油温、水温、油圧計)で統一。もちろんオーディオも装備され、エアコンもバリバリに効く快適仕様だ。サーキットも走れてエアコンが効くというのも、歴代の過給圧上昇号に課せられた命題で、快適性と乗って楽しめるというコンセプトで仕上げている。

快適性はエアコンだけにとどまらず、室内を少しでも広くするためロールケージすら入れていない。この9号機が6型ベースということもあるのだが、ストリート走行が中心となるとボディ補強も最小限で済むのだ。ただし、この9号機は、製作の途中でドアまわりやガラス周辺にスポットを追加している。念のために打ったレベルで、効果が期待できるほどではないという。

余談だが、このFD3Sにはこれまで多くの有名プロドライバーが峠やサーキットでのインプレッションを行ってきている。そして乗り終えたドライバーたちは、必ずと言っていいほどそのポテンシャルの高さに絶句してしまうのだとか。RE雨宮FD3Sブーストアップ仕様。それはRX-7チューニングのひとつの完成形と言えるのかもしれない。

■SPECIFICATIONS

エンジン&トランスミッション:ノーマルポート仕様(最大ブースト圧1.0キロ 402ps/47kgm) 純正3ピースアペックスシール RE雨宮レベルマンVマウントキット HKSスーパーパワーフロー RE雨宮90φフロントパイプ SDコンバーター RE雨宮90φドルフィンマフラー ニスモ燃料ポンプ サードレギュレーター 850ccインジェクター×4 NGKプラグ10.5番 アペックス・パワーFC RE雨宮アルミ3層ラジエター 純正オイルクーラー+トラスト16段 ORCクラッチ RE雨宮・峠スペック2WAY・LSD ファイナル4.3 ■サスペンション&ブレーキ:DG-5雨宮スペック(減衰力32段調整) スウィフトスプリング(F16kg/mm R18kg/mm) RE雨宮トーコンキャンセラー トーロッド Fプロジェクトμアップグレードピストン/2ピースブレーキローター/ブレーキホース RE雨宮ブレーキパッド ■ホイール&タイヤ:エンケイGTC-01(F9.5J+38 R10J+22) アドバンネオバAD08(F255/40-17 R265/35-18) ■インテリア:ブリッドLO-MAX M7ジャパン追加メーター(水温・油温・油圧) RE雨宮ブーストメーター ■エクステリア:スーパーグレッディ3ボディキット

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します