現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】表彰台を争うペースがあったのに、7位。スズキのアレックス・リンス、予選位置の改善が課題に

ここから本文です
スポーツ 2019.10.21

【MotoGP】表彰台を争うペースがあったのに、7位。スズキのアレックス・リンス、予選位置の改善が課題に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スズキのアレックス・リンスは、チームのホーム戦であるMotoGP日本GPの決勝を11番手からスタートし、最終的に7位で終えた。

 リンスは第12戦イギリスGPで今季2勝目を挙げた後、表彰台からは遠ざかっており、ポイントランキングではダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)に僅かな差まで追い詰められてしまっていた。

    ■スズキ、2020年仕様エンジンの使用断念。レギュレーションの解釈に誤り

 日本GPでリンスは序盤こそポジションを落としたものの、徐々に追い上げてチームメイトのジョアン・ミルもかわすなど、一時は6番手にまで浮上した。ただその後表彰台争いには加われず、最終的にひとつポジションを落とし7位となった。

「土曜日(の予選)を改善する必要があるね。それからスタートで後ろに下がったのが問題だった」と、リンスはレース全体を振り返った。

 実際、リンスの今季の予選最高順位は3番手であり、1発の速さで遅れを取っていることがみてとれる。また今季優勝を飾ったアメリカズGPやイギリスGPでさえ、フロントロウに並んでいないのだ。そして今回、リンスはスタートも失敗してしまったことで、レース展開は厳しいものとなった。

「とにかく、一番悪かったのはそこだ。普段は素早いスタートができているんだけど、クラッチに問題か何かがあったのか、1周目でふたつポジションを落としてしまった」

「それでポジションを取り戻すためにプッシュしてプッシュして、アクセルを早く開けていく必要があった」

「(カル)クラッチローとバトルすることができたけど、最終的には彼の後ろでのフィニッシュだった。でもとにかく、7位獲得はチャンピオンシップにとっては良いことだ」

 リンスはそう語った。日本GPの結果、ポイントランキング3番手を争うライダーは4人に膨れ上がった。リンスと同ポイントのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、7ポイント差にはペトルッチ、そして日本GP2位のファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)も13ポイント差と急接近している。

 2018年シーズンは年間5位で終えているが、今季については「今の目標は(年間のポイントランキングで)3位になることだ。改善に向けて多くの情報を集める事に集中しないとね」と、リンスは話した。

 またリンスのレース展開を見ると、後半にかけて追い上げることが多い。今回もスタート位置が良ければ表彰台を争えたのではないかと訊くと、彼は断言するのは難しいと前置きをしつつ“イエス”と答えた。

「たしかに僕らには表彰台を争えるペースがあったと思う。ただ予選を改善する必要があるのは確かだね」

「次戦フィリップアイランドは僕の好きなコースのひとつだし、100%の力で挑むよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 永安陽介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します