現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP日本GP:最終ラップに霧散した鈴木竜生のMoto3表彰台獲得…決定打となったオーバーテイク

ここから本文です
スポーツ 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のMotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス決勝レースを、日本のMotoGPファンは手に汗握って見守っていただろう。母国グランプリで、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)がトップ争いを展開。最終ラップまで表彰台争いを繰り広げたのだ。しかし、表彰台はラストラップ、鈴木の手からすり抜けた。

 ウエットコンディションとなった予選を終え、鈴木は3番グリッドを獲得した。2019年シーズンは1勝と1度の表彰台を獲得。加えてトップ集団でのレースを何度も見せており、残している結果以上に期待感は高かった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン