現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:“審議の必要なし”から一転、ルクレールにペナルティが科された経緯/F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のF1第17戦日本GPでは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)へ対するペナルティに関しても、わかりづらい状況があった。

 事故はスタート直後の2コーナーで起きた。スタートで少し出遅れたルクレールが、2コーナーでアウト側を走るマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触。ルクレールはそのままレースを続行させたが、押し出されたフェルスタッペンは後方まで後退した。

    F1 Topic:日本GPで不問に処されたベッテルの“ジャンプスタート疑惑”。前戦ロシアでペナルティを受けたライコネンとの違い

 この事故は当初、「審議の必要なし」という裁定が下された。日本GPの正式なスタート時刻は午後2時13分。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン