現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン、F1の放映スタイルに警鐘。上位争いばかり映すのは“セクシー”ではない?

ここから本文です
スポーツ 2019.10.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースのロマン・グロージャンは、F1のテレビ中継が先頭争いばかりに焦点を当てていて、各所で繰り広げられているバトルを十分に映すことができていないと主張した。また、その“クールな”解決策は画面分割での視聴オプションを提供することだと考えているようだ。

 この問題が議論されるきっかけとなったのは、第15戦シンガポールGPだ。このレースのファイナルラップでは、グロージャンをはじめ4台が激しい争いをしていたにも関わらず、国際映像では一切放映されなかった。ただし、この争いはポイント圏外の11番手争いだった。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン