現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGPコラム】表彰台までは何マイル? 日本勢、母国戦は厳しい1日も”糧”を得る

ここから本文です
スポーツ 2019.10.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツインリンクもてぎで行われた日本GPの決勝レースで、日本人選手たちはMotoGP、Moto2、Moto3のいずれのクラスでも表彰台を逃した。日本人選手の日本GP優勝は、2006年の青山博一(250cc)が最後。表彰台という意味でも、2009年の同じく青山(250cc)が獲得した2位が最後の記録となっている。その記録を止める久々の表彰台獲得は、来年以降に持ち越しとなった格好だ。

   ※           ※           ※

    ■マルク・マルケス、弟の“神スケーティング”に感服「50回見ても飽きない!」

 今年の日本GPでは、Moto3クラスの鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)がフロントロウ3番グリッドからスタート。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン