現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP日本GP:中上、「声援のおかげで走り切れた」と2019年最後のレースで渾身の16位

ここから本文です
スポーツ 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)がMotoGP第16戦日本GPの決勝レース16位でフィニッシュを果たした。右肩の怪我を抱え、「何度もリタイアを考えた」というほど厳しい状態のなか、母国グランプリで奮闘した。

 初日を終えた中上は、右肩の状態によりレース参戦すら危うい状況だった。しかし土曜日はウエットコンディションでの走行となったことが幸いして、体への負担が減ってフィジカル面の状況が上向きになり、レースに出ることを決める。

    序盤のプッシュでガス欠寸前。マルケス「キープして最後まで走り切った」/MotoGP日本GP 決勝トップ3コメント

 そうは言っても、厳しいレースを強いられたことには変わりなかった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン