現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP日本GP:マルケスが横綱相撲で10勝目! 中上貴晶、粘走で16位

ここから本文です
スポーツ 2019.10.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第16戦日本GPの決勝レースが行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がポールポジションから優勝。今季10勝目を挙げた。

 土曜日の予選は路面がウエットから乾いていく難しい状況で実施されたものの、決勝レースは気温21度、路面温度は27度のドライコンディション。グリッド上では、ギリギリになってタイヤを交換する場面も見られた。

    ■Moto2日本決勝:マリーニ2連勝。長島は歯車噛み合わず転倒リタイア

 ポールポジションのマルケスが好スタートを見せ、トップをキープ。そこにファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続いた。3番手には、ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)が6番グリッドからジャンプアップした。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン