現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP日本GP】スズキ、2020年仕様エンジンの使用断念。レギュレーションの解釈に誤り

ここから本文です
スポーツ 2019.10.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スズキは、MotoGP日本GPにテストライダーのシルバン・ギュントーリをワイルドカード参戦させている。彼のバイクに開発中の2020年仕様エンジンを搭載し、実戦を通じてデータを収集しようとした。

 このエンジンのパフォーマンスに励まされたとコメントしていたギュントーリだが、スチュワードはこのエンジンがホモロゲーションルールに違反したとみなし、ギュントーリをFP1およびFP2の結果から除外した。

    ■ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場。全22台の戦いに

 またこの結果、スズキは土曜日以降、ギュントーリに現行仕様のエンジンを搭載しなければならなくなった。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン