現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 青木3兄弟が26年振りにバイクで走行!障がい者支援プロジェクト推進へ

ここから本文です
スポーツ 2019.10.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

往時のレプソルカラーに当時のゼッケンを装着

 10月18日(金)から栃木県のツインリンクもてぎで行われるMotoGP第16戦日本GP開幕前日の17日、宣篤、拓磨、治親の青木3兄弟が集結。26年振りに3人揃ってバイクで走行した。

    鈴鹿8耐ファン感涙!車いすのレーサー青木拓磨が22年振りにバイクで走行

 長男・宣篤、次男・拓磨、三男・治親の青木3兄弟とは、ポケバイから世界の頂点であるWGP(世界ロードレース選手権、現MotoGP)にまで登り詰めた群馬県出身のライダー。次男・拓磨選手は、1998年2月にテスト中の事故で下半身不随となり、それ以後バイクには乗れなくなってしまった。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン