現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】寒さでタイヤが機能しない……日本GP初日4番手ドヴィツィオーゾ、気温に苦しむ1日に

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、MotoGP日本GP初日を総合4番手タイムで終えた。しかしヤマハ勢との差を詰めるために、セッティングを煮詰める必要があると考えているようだ。

 ドヴィツィオーゾはここ数年、ツインリンクもてぎで優勝争いを演じているが、今シーズンもその調子は良い。FP1は8番手タイムだったが、午後のFP2では一時トップタイムを記録するシーンもあった。

    ■「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

「朝のスタートはかなり上手く行ったし、満足している」と、ドヴィツィオーゾはFP1から上手く進んでいたと口を開いた。

「ここでは最近のレースよりも競争力がある。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン