現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ロレンソ、日本GP初日17番手も怪我後”最高の出来”。旧パッケージが奏功

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは、MotoGP第16戦日本GPのFP2を17番手で終えた。しかし、6月のオランダGPで胸椎を骨折して以降、”最高のセッション”だったと感じたようだ。

 ホンダのバイクへの適応に苦労し、シーズン序盤から苦しい展開が続いていたロレンソ。第8戦オランダGPではFP1で大クラッシュを喫してしまい、第6胸椎を骨折したことで、さらに困難な状況となった。

    ■「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

 結果的に4レースを欠場したロレンソは、復帰後も13位以上のリザルトを残せておらず、ほとんどのセッションで下位に沈んでいる。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン