現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ:TEAM MUGEN、最終戦はオワードに代わり19歳のユーリ・ビップスを起用

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18

スーパーフォーミュラ:TEAM MUGEN、最終戦はオワードに代わり19歳のユーリ・ビップスを起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しているTEAM MUGENは、10月25~27日に開催される最終戦JAF鈴鹿グランプリにおいて、パトリシオ・オワードに代わりエストニア人ドライバーのユーリ・ビップスを起用することを発表した。

 2000年生まれで現在19歳のビップスは、2017年にADAC F4選手権でタイトルを獲得した経験を持つ。この年はプレマ・パワーチームからFIA-F3にスポット参戦を果たし、2018年からはモトパークより同選手権にフル参戦。2019年はハイテックから出場し、ランキング4位でシーズンを終えた。

    「正直、楽しみよりも不安や苦しい思いのほうが多かった」。F1日本GPで山本尚貴が味わった衝撃

 2018年の10月からレッドブル・ジュニアチームの一員となったビップスは、11月に行われるマカオGPにもハイテックから出場することになっている。

 一方わずか3レースでスーパーフォーミュラのシートを明け渡すことになったオワード。2018年にインディ・ライツのタイトルを獲得し、2019年はインディカーやFIA-F2にスポット参戦していたオワードは、第4戦富士スピードウェイよりダニエル・ティクトゥムに代わってスーパーフォーミュラに出場していた。

 初戦となった第4戦はいきなりウエットコンディションでのレースとなったが、第6戦岡山国際サーキットでは5位に入賞して初ポイントを獲得した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します