現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1カメラマンの熱田護氏がF1取材500戦を記念した写真展を開催。佐藤琢磨をゲストに迎えトークイベントも

ここから本文です
スポーツ 2019.10.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1をはじめとする様々なモータースポーツや市販車の撮影を専門とするカメラマンの熱田護氏が、F1取材500戦目を記念して、東京都港区のキヤノンギャラリーSにて写真展『500GP フォーミュラ1の記憶』を開催する。

 熱田氏は、鈴鹿サーキットのある三重県鈴鹿市出身のカメラマン。1987年の日本GPで初めてF1の撮影を行い、その後1991年には6戦を取材。1992年以降はF1を全戦取材している。

    【ブログ】Shots!念願叶った山本選手のF1初走行。やはり世界の舞台で走る日本人ドライバーを見るのは熱い/F1日本GP

 またオートスポーツwebでは毎戦ブログ『Shots!』を連載中。熱田氏がサーキットを歩き、見て、感じて撮った写真と思いを綴っている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン