現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 空前のF1ブームは1987年からスタート! 今またレッドブル/トロ・ロッソの活躍で人気が再上昇

ここから本文です
スポーツ 2019.10.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バブル景気でジャパンマネー大量流入

 ホンダが供給した1.5リッターV6ターボエンジンを武器に、ウィリアムズやマクラーレンなどがチャンピオンを連破していた1980年代。日本国内では空前のF1ブームが巻き起こっていました。そのきっかけは87年。鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催されるようになり、日本人ドライバーとして中嶋悟選手がフル参戦を果たすと同時に、全戦がテレビ放映されていきます。いわゆる3点セットによって、F1人気が急上昇した、という経緯がありました。

    「ホンダF1」50年以上旋風を撒き散らした実績と黎明期のマシンを振り返る

 それをさらに後押ししたのがバブル景気でした。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン