現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「表彰台に登る感覚は最高」キャリア初表彰台の小椋藍、目標達成に喜び

ここから本文です
スポーツ 2019.9.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto3クラスでは、ルーキーの小椋藍(Honda Team Asia)が2位に入り、キャリア初表彰台を獲得した。

 小椋は予選で2番グリッドを確保すると、堅調にレースをスタート。中盤は一時的にポジションを落とすシーンはあったものの、2番手集団からは離れること無く、チャンスを拾って2番手に返り咲いた。

    ■MotoGPコラム:同郷のヤツに負けられない! 鳥羽海渡のMoto3初優勝が、日本人ライダーたちにもたらすモノ

 終盤にかけてはライバルの猛チャージにも怯まずに反撃。ラストラップでデニス・フォッジア(SKY Racing Team VR46)を抜き去る見事な走りで2位を獲得してみせた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン