現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 シンガポールGP】ルクレールが大接戦の予選を制しポールポジションを獲得

ここから本文です
スポーツ 2019.9.23

【F1 シンガポールGP】ルクレールが大接戦の予選を制しポールポジションを獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マリーナ・ベイ市街地コースで行われているF1第15戦シンガポールGPの公式予選が21日に行われ、大接戦の末シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

フリー走行はメルセデス、フェラーリ、レッドブル・ホンダの3チーム6台が僅差の戦いとなり、誰がポールポジションを取るか予想がつかないまま予選を迎えた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

Q1はバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイム、Q2はシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイム、そしてQ3の1回目のアタックではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムと、予選Q3の終盤まで大接戦が続いた。

Q3最後のアタックで真っ先にコースインしたのはベッテル。1回目のアタックでは壁に軽く接触するほどの走りを見せたベッテルだったが、最後のアタックでミスを犯し、諦めてピットに入ってしまった。その直後にルクレールが1分36秒217を記録してベッテルを逆転。ルイス・ハミルトン(メルセデス)はベッテルを上回るも1分36秒408でルクレールには届かず2番手。1回目のアタックで3番手につけたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は最後のアタックで自己ベストを上回るもベッテルに届かず、4番手で予選を終えた。

ボッタスが5番手、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が6番手。トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが13番手、ダニール・クビアトが16番手だった。

F1シンガポールGP フリー走行2回目結果

1. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分36秒217

2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分36秒408

3. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分36秒437

4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分36秒813

5. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分37秒146

6. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)/1分37秒411

7. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分37秒818

8. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分38秒095

9. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分38秒264

10. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分38秒329

11. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分38秒620

12. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分38秒697

13. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分38秒699

14. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分38秒858

15. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分39秒650

16. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分39秒957

17. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分39秒979

18. ロマン・グロージャン(ハース)/1分40秒277

19. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分40秒867

20. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/1分41秒186

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します