現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 選択肢狭まるヒュルケンベルグ「F1に残留できるという確信は持てない」。レッドブル加入の可能性にも言及

ここから本文です
スポーツ 2019.9.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1チームが2020年ドライバーラインアップとしてケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンを残留させることを決めたことで、ニコ・ヒュルケンベルグの移籍先の選択肢が狭まってきた。

 ヒュルケンベルグは2019年末で現在所属するルノーから離脱することが決まっている。グロージャンとの契約を延長しない可能性が高いとみられていたハースに移籍するのではないかと推測されてきたが、F1シンガポールGPを前にした木曜、ハースはグロージャンの残留を発表した。これによりヒュルケンベルグがF1に残るための選択肢は実質的にアルファロメオとウイリアムズに限定されることになった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン