現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサ、2019年シーズン限りでウイリアムズF1を離脱。「F1復帰を支援してくれたチームに感謝」

ここから本文です
スポーツ 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロキット・ウイリアムズ・レーシングは、2019年シーズン限りでロバート・クビサがチームを離脱することを発表した。

 2011年にラリーで大クラッシュを喫したクビサは、2017年にルノーやウイリアムズでF1マシンのテストを重ね、2018年にウイリアムズのリザーブドライバーに就任。母国ポーランドの石油会社『PKNオーレン』からの支援もあり、クビサは2019年シーズンのウイリアムズのシートを獲得し、8年ぶりのF1へ復帰した。

    グランプリのうわさ話:2020年のドライバー候補を絞り込むハースF1。ヒュルケンベルグはアルファロメオに関心

 しかしながら2019年シーズンもウイリアムズの苦戦は続いており、クビサは今年限りでチームを離れるのではないかという噂が報道されていた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン