現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > パワーサーキットで大躍進! ルノーのリカルド、開発部隊の努力に感謝

ここから本文です
スポーツ 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーはF1第14戦イタリアGPでダニエル・リカルドが4位、ニコ・ヒュルケンベルグが5位と、今季最高のリザルトを残した。これによりルノーはコンストラクターズランキング5番手に浮上。4番手のマクラーレンに18ポイント差まで迫った。

 リカルドはこれまで、チームのパワーユニット(PU)開発拠点であるヴィリー=シャティヨンでどれほど良い仕事が行われているかについて熱弁してきたが、高速サーキットのモンツァで好成績を残したことで、ルノー製PUのパフォーマンスがいかに進歩したかがようやく証明されたと言える。

    ■リカルド、ルノー移籍の新たな“秘話”が明らかに。担当エンジニアの異動も一因に?

「僕たちは“最大の”ポイントを獲得することができた。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン