現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > JSB1000マシンフォーカス:「まだまだ武器が足りない」。改造範囲が広いからこそ難しいGSX-R1000のバランス取り

ここから本文です
スポーツ 2019.9.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーがしのぎを削り合っている全日本ロードレース選手権JSB1000クラス。そんなJSB1000の車両をピックアップし、ライダーや関係者にマシンの強みや魅力を聞いていく。今回は、スズキのトップチームヨシムラスズキMOTULのスズキGSX-R1000にフォーカスする。

ーーーーーーーーーー

    JSB1000マシンフォーカス:エンジンパワーに加え、扱いやすさにも磨きをかけたカワサキNinja ZX-10RR

 2015年の開幕戦以来、勝利から遠ざかっているスズキGSX-R1000。2016年には津田拓也(当時ヨシムラスズキシェルアドバンス)が粘り強いライディングでランキング2位につけたものの、未勝利だった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン