現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、メルセデスF1との契約延長に安堵するも、契約のパフォーマンスへの影響は否定

ここから本文です
スポーツ 2019.9.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との将来が確保されて以来、気分が晴れたと語っており、将来の不確実性がサマーブレイク前のパフォーマンスに影響を及ぼした可能性について考えを巡らせている。

 ボッタスは2019年シーズン最初の4戦を2度の優勝からスタートし、その時点ではチームメイトのルイス・ハミルトンと互角の戦いをしていた。

    メルセデスF1代表、ボッタスの2位入賞を称賛もドライビング改善の必要性を指摘「先行車の後ろで苦戦していた」

 しかしながらボッタスは、その後の8戦では1度も勝利することができなかった。一方のハミルトンはその間に合計6回の優勝を飾り、ドライバーズ選手権でボッタスとの差を63ポイントにまで広げている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン