現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【インディカー】佐藤琢磨、運も味方に大逆転。0.0399秒差で今季2勝目!|ゲートウェイ決勝

ここから本文です
スポーツ 2019.8.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インディカー・シリーズの第15戦ボマリート・オートモーティブ・グループ500の決勝がゲートウェイ・モータースポーツ・パークで行われ、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が今季2勝目を挙げた。

 248周のレースがスタートするとポールポジションのジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がトップをキープ。5番手スタートの佐藤は出遅れてしまい、軽い接触もあって13番手まで後退してしまった。

    【ギャラリー】ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 後方でマーカス・エリクソン(シュミット・ピーターソン)がスピンしたこともあり、早速コーションが出された。

 レース再開は7周目。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン